FC2ブログ

コミケ初参戦

はじめまして。今年度から入りましたタクサードといいます。

既に1週間ほど経っていますが、コミックマーケット86に参加したのでそれについて触れたいと思います。
1日目の15日に声優同好会として、3日目の17日に一般で参加してきました。僕はコミケどころか同人誌即売会自体が初めてだったのであまり勝手も分かりませんでしたが、1日目には少し売り子もさせていただきました。
初めてコミケに行って驚いたのは人の多さです。もちろん大勢の人が集まるということは知っていましたが、実際に行ってみて人の多さに圧倒されてしまいました。暑さ、人の多さにと過酷なイベントでしたが、終わったときの達成感は格別でしたしなにより楽しかったです。今後コミケに限らずイベントに参加したいと思います。

今回はこれで失礼します。ありがとうございました。
スポンサーサイト



ばらかもん

どうも初めまして。新入生の怜愛と申します。

早速ですが、本題にいきたいと思います。


個人的に夏アニメで1番好きなのは、ばらかもんです。あらすじを紹介しておきますと、

書道界の重鎮を殴った罰として、日本西端の島で一人暮らしを始めることになった若きイケメン書道家・半田清舟。
都会育ちで神経質な「半田先生」の前に現れるのは、自由奔放で個性豊かな島民ばかりで……!?
慣れない田舎暮らしの洗礼を受けながら、書道家として人として少しずつ成長していく青年のハートフル日常島コメディ!!

という感じです。

主役である半田清舟はCV.小野大輔さんです。この作品は子役さんも何人か出ていて、半田先生にいつもくっついている琴石なるを演じているのは原涼子さん、なるの友達である久保田陽菜を演じているのは遠藤璃菜さんです。そして島に住む中学生である山村美和を演じているのは自身も五島列島出身の古木のぞみさんです。

舞台が長崎の五島列島ということで、”なまり”がたくさん飛び交っています。けど、自然と会話がわかっていって楽しいです。
一つの話に笑いあり涙ありの作品なので、とても感動します。
そして、OPとEDもまた感動ものです。私が特に好きなのは、SUPER BEAVERの「らしさ」です。この歌詞は、どこをとっても良くて、まさにばらかもんのために作られたという曲です。私も最初、感動して涙が出ました。


だいぶ語ってしまいましたね…。

この作品は本当に良いと作品だと思います。とても五島に行きたくなります。

今年の夏アニメも半分が過ぎようとしています。けどまだ遅くないので、よかったら「ばらかもん」見てください!(私は別に、ばらかもんの広報部とかではありませんので 笑)
アニタイラジオもあるので、そちらも是非!


グダグダで申し訳ないです…。
では、今回はこれで失礼いたします。

春期アニタイラジオレビュー

みなさんこんにちはサンタです。
今回ちょっとイレギュラーな順番になってしまいますが、春期アニタイラジオレビューを載せたいと思います。
このレビューは今回のコミックマーケット86で当会「京都大学声優同好会」が頒布させていただく「SEIREN」用に書かせていただいたものなのですが、諸事情により載せられなくなってしまったものです。せっかく書いたものをお蔵入りしてしまうのももったいないので、今回のブログに載せさせていただきます。レビューを寄せていただいた方はありがとうございました。

以下原文ママ

春期アニタイラジオレビュー

悪魔のリドル」ラジオ〜黒組通信〜

固定パーソナリティーは諏訪彩花さん一人で、二回交代で10年黒組のキャラの中の人が二人やってくるという形式で、非常に多くの方の話を聞くことが出きました。やってくる方の担当するキャラのキャラソンを流してくれるのでアルバムが欲しくなりました。諏訪さんが割と残念な子扱いされることが多く、ゲストで来ているはずの方がまわすということがたびたびありました。諏訪さん完全に芸人声優ですありがとうございました。                                   サンタ

MC諏訪が滑り(諏訪り)続けるのを楽しむラジオ。毎回メインパーソナリティが一番はじけているのでゲストの方に負担がかかるという謎。アニメ本編は茶番だが、ラジオもまた一種の喜劇に思えてくる。諏訪ちゃん仕事して。         チンムー

M3〜ソノ黒キラジオ〜

黒いラジオということでパーソナリティーの福圓さんと矢作さんが規制音が入るような話を多くするのが面白いところです。作品にある「無明領域」というキーワードにかけた「無音領域」という規制音なのですが、コンセプトとして使いたがるのはわかるとしても少し多すぎてイラつくこともあります。要するにお二人がやばいこと言い過ぎなのかと…。この二人の魅力は規制が入るとはいえ、下ネタとかやばいことを平気で言いまくれるところですね。すごくいいと思います。生き遅れ女子会みt【規制】                                                                   サンタ

矢作紗友里さんと福圓美里さんの赤裸々トークが繰り広げられる番組。ぶっちゃけすぎて規制音が毎回鳴り響きます。これはゲストにも当てはまり、松岡禎丞さんが特に大幅な規制音をもらっていました。何を話したのかが非常に気になるのでラジオCDかテキストで内容を明かしてほしいものですね。                                      千歳

ご注文はラジオですか?

パーソナリティーの佐倉さんと水瀬さんがキャッキャウフフしてること以外には割と内容のうっすいラジオです。こういうのアニタイラジオには結構ありがちなことで、声優ファンとしてはすごく楽しいのですが、原作ファンはどう思うのでしょうか。たぶん聞かないんですね。BGMの曲名をきめるというゆるゆりでみたことあるようなコーナーがあるのですが、まともな名前はつきません。悪しからず。ゲストで内田真礼さんが来られていた回があったのですが、声が枯れ気味でハスキーボイスになっていて、どちゃくそエロかったのでDJCD買いましょう。はい買います。                             サンタ

ソウルイーターノット! NOTりラジオ!

千菅春香、早見沙織、悠木碧の同い年3人で、早見と悠木が二週ごとに交代するラジオ。アニメ放映の話もそこそこに、新人である千菅を先輩の二人が見守る感じ。千菅はまだまだ初々しさが感じられる中、「恋に恋する恋悩み」という恋愛相談のコーナーなどでは割とうまく回していて、千菅の成長を楽しめる。千菅を賭けて残りの二人がバトルする「つぐみ争奪! 職人バトル!」が最初は割と真面目だったのにどんどんカオスになっていってて面白い。              ホリィ・セン

ノーラジオ・ノーライフ ゲーマー兄弟がラジオをするそうです。

パーソナリティーの松岡さんと茅野さんの仲の良さに尽きるラジオです。あの松岡さんが同性以外ととても生き生きと話しているという超常現象は見物です。松岡さんのことなら何でも分かる茅野さんは完全に保護者です。松岡さんは本当に心を開いている人のまえでは少年のようになるイメージですね。作品にちなんで毎回冒頭にゲーム対決をしているのですが、とても視覚的なものが多く、伝わんねぇよ!って感じですね。                                    サンタ

松岡さんの成長と茅野さんの母性を感じるラジオ。ラジオのコーナーでは、本編にちなんで様々なゲームに二人が挑戦するが、智謀をめぐらすことなく素直に正面からぶつかっていくところに個性がみられてほっこりさせられる。また、視聴者の悩みを聞くコーナーで繰り広げられる寸劇での、普段聞くことがない二人の演技にも注目してほしいところ。        千歳

ブラック・ブレット 〜延珠&ティナの天誅ラジオ〜

パーソナリティーは日高里菜さんと黒沢ともよさんなのですが、途中から天誅ガールズさんのミニコーナーも始まり、にぎやかなラジオになりました。コーナーとしてはよくあるパターンのものが多く、普通です。お二人の仲の良さを楽しむものです。黒沢ともよさんは初めのうちは割とおとなしかったのですが、慣れていくにつれてだんだんとはっちゃけるようになり、いい意味で変わってしまいました。若さって勢いがありますね。でもお願いなのでオナシャス!って言うのはやめましょう黒沢さん(困惑)サンタ

ラジオ シドニアの騎士〜綾と綾音の秘密の光合成〜

パーソナリティは星白閑役の洲崎綾さんと岐神海蘊役の佐倉綾音さんが務めている。とにかく二人の自由っぷりが聞いていて面白い。第5回くらいで宣伝の時の洲崎さん扮するキャサリンが息を切らしながら宣伝をしている時に漏らす吐息がめちゃエロくて良かった。僕はアニメの方は未視聴だが、ラジオの中で収録の時の話とか感想とかを結構するのでアニメも見つつ聞いた方がいいラジオだと思う。                                               おのけん

パーソナリティーが今を時めくラジオ声優のお二人ということで始まる前からめちゃくちゃ楽しみにしていました。初めのうちは手探りだったのか思ったより面白くないなという感じだったのですが、回を重ねるごとにお互いのことを把握してきてすごく面白くなっています。ゲストに原作の弐瓶勉先生がよく来られるのですが、いいキャラをされていてまたいいアクセントになります。作品にでてくる用語の解説もしてくれるのでファンは要チェックですね。アニタイラジオなのにネタに走ってまともに告知しないのが許されるのは原作者様様ですね。すごくおもしろいです。                           サンタ

良くも悪くもフリーダムなラジオ。会話が脇道にかなりそれるので「あれ?これなんのアニメのラジオだっけ」となることが多々ある。それもこれもすべてペのせいである。中身は面白い、面白いがちょっとは自重しようか。          チンムー

洲崎綾さんと佐倉綾音さんがお互いのプライベートを暴露していくラジオ。洲崎さんが某洲崎西と同じようなテンションで佐倉さんに絡んでいくので、そのような賑やかな雰囲気が好きな人は気に入るんではないでしょうか。            千歳

ラジオ 極黒のブリュンヒルデ カズミと小鳥の「いちばん星み〜つけた!」

めちゃくちゃ面白いですよこのラジオ。田所あずささんといい、大橋彩香さんといい、ホリプロにはポンコツしかいないんでしょうか?(褒め言葉)いい意味でかみ合っていないんだけれども心地よく進行されていくのは不思議です。M・A・Oさん結構パーソナリティー向いてると思います。M・A・Oさんは大阪出身ということで、演技などでは見られない自然にでてしまう関西弁のアクセントなどが関西圏以外の人には結構くるんではないでしょうか。声優の地声が聴けるのもラジオの醍醐味ですね。                                                                      サンタ

ころあずの声で脳天がとろけだしそうなラジオ。ポンコツのころあずをMAOが突っ込んでいくスタイルがここちいい。そしてMAOのミスを嬉々として煽っていくところが愛らしい。MAOのナチュラル関西弁も非常にgood               チンムー
彼女がフラグをおられたらじお

パーソナリティーが木戸さんと丹下さんということで年の差が大きいラジオです。木戸さんは同年代とやっている別のラジオとかではすごくしっかりしていて、ひっぱっているイメージですが、このラジオでは年上でさらにしっかりされている丹下さんと一緒だからなのか、「ほえー」とか「ふあー」などの気の抜けた反応が多くてほほえましいです。ゲストが多く来られて作品の話を多く聞くことができました。                                                      サンタ

親子ほど年が離れている二人のほんわかトークが聞くとこができるラジオ。話が微妙に噛み合わなくて間が生まれることもありますが、ほんわかしている雰囲気なので許容できる範囲でしょう。ゲストのチョイスも素晴らしく茅野愛衣さんや久野美咲さんなど癒しオーラを放っている方々が多いです。癒されたい方におすすめできるラジオです。             千歳

魔法科高校の劣等生WEBラジオ 満開!ブルーム放送委員会

パーソナリティは光井ほのか役の雨宮天さんと北山雫役の巽悠衣子さんが務めている。HPで「一科生らしく、優等生なラジオ番組」と謳っているにも関わらず、二人ともボケた発言を多々していて聞いていて面白い。また、第3回の放送からは毎回違うゲストさんが来るので、飽きが来ず毎回の放送を楽しめる。僕はお二人の声をあまり聞いたことがなかったので、個人的にはそれが新鮮なのも良かった。                                                おのけん

初めのうち数回は雨宮天さんと巽悠衣子さんのお二人だけだったのですが、途中から毎回ゲストが来るようになったので、面白い話をたくさん聞くことができます。雨宮さんは勝手にしっかりしたイメージを持っていたのですが、意外と天然ボケを炸裂させているので巽さんが大変です。巽さんも大概ですが。コーナーの一つに読者からの質問に原作者の方が答えてくれるというコーナーがあり、いろいろな細かい設定などを教えてくれるので、原作好きの方は必聴です。          サンタ

ランティス祭り in大阪

はじめまして、新入生のトゥーダです。

わたくし去る7/27にランティス祭りに行ってきました!大阪開催のやつです。初参戦というのと、試験期間中という理由で二重にドキドキ。

しかし会場に着いた時は土砂降りの豪雨でした。まぁ、出演者に新谷良子さんがいらっしゃるので雨具はちゃんと完備してきたんですけどね。予想はしてましたがまさかここまでとは……流石です。開始時刻に雨がピタッと収まったのも含めて演出なんでしょう。

ランティス祭りはトリの GRANRODEOさんの熱唱により、大盛況のうちに幕を閉じました。紀章さんマジイケメン。あとはPrintempsですねー。僕はそこまでラブライバーではないのですが、ステージ上に三人の天使がいることはわかりました。いや、もう、ほんと、可愛い。一挙手一投足が、すべて。会場のラブライバーの皆さんも動きが統率されてて、すごいなーと思いました。僕も見よう見まねで応援させていただきました。

僕は、いわゆるライブ?には初めて参加したのですが、良いものです。次はアニサマですね。僕は2日目しか行けませんが、めいいっぱい楽しみたいと思います。もうwktkが止まらん!

今回はこの辺で終わりにします。では。



たまゆら祭

はじめまして。今年から入会しました、ユッキーです。私事ですが先日今年も「あの花夏祭」の開催が決定してとてもテンションが上がっています。もう前日入りするために秩父のホテルを取りました(笑)。こういうのを書くのは初めてなのでつたない部分もあるかもしれませんがよろしくお願いします。
 最近の声優関連の出来事ということで先日参加したたまゆら祭に関して少し書かせてもらおうと思います。場所は日比谷公会堂で行われ、出演者は竹達彩奈さん、阿澄佳奈さん、井口裕香さん、儀武ゆう子さん、佐藤順一監督、茅野愛衣さん、松来未祐さん、間島淳司さんでした。席は1階のC列というかなり近いところでしたので本当に近くで出演者のみなさんを見ることができました。
 イベントが始まり、まず出演者のみなさんが祭ということで着物姿で登場しました。ちなみに松来さんと間島さんはシクレでの登場でした。今回のイベントでは重大発表があるという風に事前に告知されていたので、イベントの前半は重大発表をする権利をかけてチーム対抗でゲームが行われました。そのゲームの前に松来さんや間島さんが重大発表があるといって結婚ネタを挟んでました。
 最初に二人ずつ三つのチームに分かれました。チームのメンバーは元から決まっているのですがチーム名はそれぞれのメンバーがその場で決めました。一つ目は竹達さん茅野さんのそれぞれ自分の好きなものをあわせた「肉そばチーム」、二つ目は井口さん松来さんの「阿澄のともだチーム」、三つ目は阿澄さん儀武さんの「たまゆらこんチーム」です。「たまゆらこん」の「こん」は「魂」らしいのですが最初阿澄さん儀武さんが言ったときは松来さんがすごい顔をしていました。
 一つ目のゲームは「ももねこ様落としゲーム」と名付けられた巨大だるま落としでした。それぞれのチームのメンバー二人が交互に落としていくというルールだったのですが「肉そばチーム」は竹達さんが最初の一発で惜しくも落としてしまい、「たまゆらこんチーム」は阿澄さんが一発目でまるで2段抜きをねらったかのように盛大に落としてしまいました。そんな中「阿澄のともだチーム」は見事にクリアしていました。
 次のゲームはお好み焼きをうまくひっくりかすというものでした。ここで佐藤監督がお手本といってひっくり返していました。このゲームは各チーム代表1名ということで儀武さん、松来さん、茅野さんがこの順番で行いました。最初の儀武さんは普通にうまくひっくり返したのですが高さが足りないと言われ、次の松来さんはそれを参考に高くお好み焼きを上げたのでキャベツを少しぶちまけたのですがうまいと言われていました。そして最後の茅野さんなのですがとにかく豪快にお好み焼きを高く上げてキャベツをほぼ全部鉄板だけでなく床にもぶちまけました(笑)。このゲームの結果は会場のみんなの拍手ということで勝ったのは「肉そばチーム」になりました。
 最後のゲームは色々なものを使った射的で、阿澄さんは空気砲、竹達さんは普通の銃、茅野さんは小さなボール、井口さんも銃、松来さんはバドミントンでした。儀武さんが使ったのは忘れてしまいました。このゲームは「たまゆらこんチーム」と「肉そばチーム」が結構高得点でまったく同じ点を取ったのに対して「阿澄のともだチーム」は0点でした。竹達さんが銃を持って「か・い・か・ん」と言っていたのがすごく良かったです(笑)
 ゲームが終わり結果「肉そばチーム」が優勝したのですが、重大発表は竹達さんが「け、け、血圧が低くて朝弱いです。」茅野さんが「け、け、毛虫が苦手です」と言って終わりました。どちらの時も「け」でためてる時に松来さんが毎回心配そうな顔をしていました(笑)。その後佐藤監督が重大発表ということでちゃんと「ももねこ様祭2014」の開催を告知しました。
 イベントの後半は「たまゆらヒストリア」と題してたまゆらの歴史を写真や映像を交えて振り返りました。ここはずっと年表にそって出来事を説明したりしていただけなので割愛させてもらいます。そしてそれが終わるころに「たまゆら 完結編」として映画化が発表されました。やるとしても3期かなと思っていたので映画化と聞いてびっくりしました。会場の盛り上がりもすごかったです。映画化は本当に今から待ち遠しいです。
 記憶を頼りに書いてみましたがなかなか難しいですね…。長くなりましたがこの辺りで終わらせてもらいます。読んでいただきありがとうございました。
 

ちょっと前の思い出

はじめまして。今年から入会させていただきました、悠樹と申します。今週のブログを担当させていただきます。よろしくお願いいたします。

元々声ヲタではないので、物足りない内容になるかもしれませんがご容赦願います。
いきなりネタに行き詰まっていますが、最近また放送が始まった「金田一少年の事件簿」について書こうかと思います。
とは言っても実は私「金田一少年の事件簿」見たくて見たくて仕方ないのに未だ見れておりません。
松野太紀さんの声が聞きたくて!
でも声優変わってなくて本当によかった。リメイクで変えてこられたら涙が止まらないところでした。
というのも、私は2、3年ほど前に大阪で行われたとあるシンポジウムを見に行ったのですが、そこでゲストとして来られてた松野さんの声が生で聞くとよりかっこよくて!あのクセがいいですよね!!
その場には田中真弓さん等もいらっしゃっていて、凄く豪華なメンバーで、今でもいい思い出です。行けて良かった。本当にあの時私の分だけでもチケット用意してくれた母の気遣いに感謝です。
ただボッチ参戦でメチャメチャ緊張しましたが。

私のちょっと前の思い出を書かせていただいたんですけどこんなのでよかったのでしょうか(汗
それと、今回夏の祭典に参加させていただきますが、柿原さんをぜひ一目みたいと意気込んでおります!

拙い文章ですみません。今回はここまでとさせていただきます。
それでは。

花江夏樹さん

はじめまして。今年から入会いたしました、おみつです。

こういうブログは書く機会がないので、ちょっと緊張してます。

今回は、最近私の中でアツかった花江夏樹さんについて話そうと思います。
花江さんの声をはじめて聞いたのは、「アウトブレイクカンパニー」というアニメで、そのときは周りの友達は誰も見ていなかったので分かち合える人がいなくて凄く悲しかったのを覚えています(笑)
ですが!今期の夏アニメには多数出演されており、それも、主役級のものばかりで、逆に驚いてます。
その中でも、「東京喰種―トーキョーグール―」という作品では、主役の金木研役をしています。
このアニメでは、唸ったり、苦しんだりするシーンが多くあるため、オーディションの時も大変苦労したとラジオでも話されていました。さすが声優さんだと思いました!
ですが、私は、周りにファンが増えてくると冷めてしまう傾向にあると最近気づいたので、喜んでいいのか悪いのか・・・(笑)
でも、たくさんのアニメに出てくれるのは声を聞ける機会が増えるのでそれはかなりうれしいです!
これからももっとたくさんんアニメ出演することを願ってます!!

ただただ花江さんについて語っただけで終わってしまいました・・・
今回はこの辺りで終わらせていただきます。
ありがとうございました。
プロフィール

京大声優同好会

Author:京大声優同好会
京都大学にて活動している声優同好会へようこそ。

入会したいという方はkyotoseiyuあっとyahoo.co.jpまでどうぞ。
もちろん京都大学以外の学生さんも受け付けています。声優について語りたい方ならどなたでもOK。
10月から11月にかけてはイベント準備の為、入会を受け付けていません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
twitter
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
HPリンク